fc2ブログ

プロフィール

☆ファシル☆大分県

Author:☆ファシル☆大分県
チャレンジして
失敗を恐れるよりも
何もしないことを恐れよ

人と過去は変えられないけど
自分と未来は変えられる

<税理士試験に合格しました>

[合格済み科目]
H19 財務諸表論=556時間(1回)
H20 簿記論=624時間(2回)
H21 住民税=611時間(1回)
H24 消費税法=1540時間(5回)
H27 所得税法=3210時間(5回)
合計=6541時間

[不合格済み科目]
H19 簿 記 論 A判定=360時間
H20 消費税法 A判定=610時間
H21 消費税法 A判定=900時間
H22 消費税法 A判定=1150時間
H22 所得税法 B判定=870時間
H23 消費税法 A判定=1280時間
H24 所得税法 C判定=1160時間
H25 所得税法 A判定=1790時間
H26 所得税法 A判定=2530時間

<現在追加で学習中>
H28 法人税法=100時間
H28 相続税法=30時間
H28 FP3級=30時間(合格)
H28 FP2級=40時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(学科)=35時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(実地)=50時間(合格)

※時間は合格時点又は不合格時点の累計学習時間

【H22までの学習時間の内訳はこちら】


最近の記事


カテゴリー(分類)


DATE: CATEGORY:法律・ルール
前回、「者」と「もの」の違いがほんとにわからなかったので、いろいろと深く調べてみました。
みんみんさんに指摘していただいて、少しイメージができてきたので、調べる気になった・・ということです。「~で」 という分割の意味、よくわかりました。


****************************
 「者」というのは、行為の主体や権利義務の帰属主体となる法律上の人格を有するものを表す言葉です。
 生きた人間を意味する「自然人」だけでなく、会社等の「法人」を含みますが、それ以外の人格のない社団・財団は含みません。

 「物」は、行為の客体たる外部の一部をなす物件を表す場合に使われる言葉です。民法で「物」とは、有体物をいう(85条)、とされていますが、他の法律では、電気のような無体物でも「物」とされている場合があります。

 「もの」は、行為の主体を表す場合にも、行為の客体を表す場合にも使われます。主体を表す場合は、者とは違って、自然人、法人の外に、法人格のない団体も含みます。行為の客体を表す場合は、有体物以外のものを含む用語として使われます。
**************************


「もの」という言葉は、人・物といった限定なしに、あらゆるものを指す抽象的な言葉です。

そのため、税法条文では、英語でいう関係代名詞のように「・・・・で、・・・なもの」、という形でよく使われます。
例1:所得税法
(非課税所得)
第九条 次に掲げる所得については、所得税を課さない。
(略)
六  給与所得を有する者がその使用者から受ける金銭以外の物(経済的な利益を含む。)でその職務の性質上欠くことのできないものとして政令で定めるもの

この条文は、「金銭以外の物で・・・・もの」という形をしています。

ということで、ここで出てくるものという言葉は、「金銭以外の物(経済的な利益を含む。)」を指している、ということがわかります。




法人税法
(実質所得者課税の原則)
第十一条 資産又は事業から生ずる収益の法律上帰属するとみられる者が単なる名義人であつて、その収益を享受せず、その者以外の法人がその収益を享受する場合には、この収益は、これを享受する法人に帰属するものとして、この法律の規定を適用する。

この場合には、者は、自然人、法人を含む全ての人を意味しています。一方、その後に「その者以外の法人」という表現があります。ここでは者ではなく、あえて法人と書いていますので、こちらについては、自然人を含まない法人だけを指している、ということがわかります。




まだまだ深い「もの」がたり!!!
スポンサーサイト



コメント

私の説明が分かりにくく、すみませんでしたー。
まさに、このことを言いたかったのです!
指示代名詞とは、英文法の用語です。
…単純に言えば、itとかthisとかのことです。

法律の文の、「~な者で、~なもの」というのは
英文法の、関係代名詞の非限定用法によく似ています。
覚えていますか?

1) He is ファシル ,who is famous for 盆太鼓.
2) He is ファシル who is famous for 盆太鼓.

1は、非限定用法です。
「彼はファシルさんで、盆太鼓で有名です」
→「彼はファシルという者で、盆太鼓で有名なものである。」

2は限定用法です。
「彼は盆太鼓で有名なファシルさんです」
※ファシルさんという人が何人かいて、その中でも
 この人は「盆太鼓で有名なファシルさん」ですよ。
 と、限定している。
→「彼はファシルという者のうち、盆太鼓で有名な者である。」

またまた例えというか例文が悪かったかもしれませんが…
つまり「~な者で、…なもの」と、
「~な者のうち、…な者」は、結果的に同じことを
表していてもその視点というかアプローチというか、
うまくいえばいけど、それが違うのですね。

そうなんですよ。
とても深く理解することができました。
これで、者とものを使い分けされた文章を読むときも、しっかりと区別できそうです♪

太鼓での例え、面白かったですww
関係代名詞が日本語でも関係あるとは・・恐れ入りました。

実は僕は、関係代名詞のあたりで、英語学習は挫折していて、中学英語すらままならない状態で現在まで生活してきています。
 これからは会計人になっても、国際会計とかも重要になるので、英語力は必要になってくると思うので、これをきっかけに興味を持って、勉強したいと思いますv

指示代名詞も理解できました。「こそあど言葉」みたいなものなのかぁ。


盆太鼓の季節がやってきました。
I want to 盆太鼓.
I want to 盆太鼓.
I want to 盆太鼓.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ファシルのはいてく部品工場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ