fc2ブログ

プロフィール

☆ファシル☆大分県

Author:☆ファシル☆大分県
チャレンジして
失敗を恐れるよりも
何もしないことを恐れよ

人と過去は変えられないけど
自分と未来は変えられる

<税理士試験に合格しました>

[合格済み科目]
H19 財務諸表論=556時間(1回)
H20 簿記論=624時間(2回)
H21 住民税=611時間(1回)
H24 消費税法=1540時間(5回)
H27 所得税法=3210時間(5回)
合計=6541時間

[不合格済み科目]
H19 簿 記 論 A判定=360時間
H20 消費税法 A判定=610時間
H21 消費税法 A判定=900時間
H22 消費税法 A判定=1150時間
H22 所得税法 B判定=870時間
H23 消費税法 A判定=1280時間
H24 所得税法 C判定=1160時間
H25 所得税法 A判定=1790時間
H26 所得税法 A判定=2530時間

<現在追加で学習中>
H28 法人税法=100時間
H28 相続税法=30時間
H28 FP3級=30時間(合格)
H28 FP2級=40時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(学科)=35時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(実地)=50時間(合格)

※時間は合格時点又は不合格時点の累計学習時間

【H22までの学習時間の内訳はこちら】


最近の記事


カテゴリー(分類)


DATE: CATEGORY:日記
なにやら難しい言葉「寄付金税額控除」

最近では、ふるさと納税とか言って、自分のふるさとに寄付する人が多いですね。タレントさんとか。

爆笑問題が大阪府に1000万円寄付
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000610-san-soci

この寄付金、実は寄付することによって税制上優遇措置があります。
それが寄付金税額控除。

年収とか納税額全額とかによるんですが、一般的には、次の式によって、税金額から差し引けます。なので、実際は1000万円寄付していたとしても、税金が少し軽くなるので、実際は何割か削減されます。

ちなみに、住民税の寄付金税額控除額は次のとおり、
A式 (寄付金額-5000)×10%+B式の答え=税額控除額。
B式 (寄付金額-5000)×(1-住民税率-所得税率)


というなんともわけのわからない式ですが、うまくいくと、600万円くらいの負担で1000万円寄付できることになります。

どっちみちそれだけの収入がなければこの優遇は受けられないですが・・・
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ファシルのはいてく部品工場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ