fc2ブログ

プロフィール

☆ファシル☆大分県

Author:☆ファシル☆大分県
チャレンジして
失敗を恐れるよりも
何もしないことを恐れよ

人と過去は変えられないけど
自分と未来は変えられる

<税理士試験に合格しました>

[合格済み科目]
H19 財務諸表論=556時間(1回)
H20 簿記論=624時間(2回)
H21 住民税=611時間(1回)
H24 消費税法=1540時間(5回)
H27 所得税法=3210時間(5回)
合計=6541時間

[不合格済み科目]
H19 簿 記 論 A判定=360時間
H20 消費税法 A判定=610時間
H21 消費税法 A判定=900時間
H22 消費税法 A判定=1150時間
H22 所得税法 B判定=870時間
H23 消費税法 A判定=1280時間
H24 所得税法 C判定=1160時間
H25 所得税法 A判定=1790時間
H26 所得税法 A判定=2530時間

<現在追加で学習中>
H28 法人税法=100時間
H28 相続税法=30時間
H28 FP3級=30時間(合格)
H28 FP2級=40時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(学科)=35時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(実地)=50時間(合格)

※時間は合格時点又は不合格時点の累計学習時間

【H22までの学習時間の内訳はこちら】


最近の記事


カテゴリー(分類)


DATE: CATEGORY:英語・英文会計
日本の簿記をやっていて、英文簿記に移ると、その会計原則とか決まりに違いがあることに気付きます。でもほとんど同じです^^v

一番間違えやすいのは、日本の簿記では、売上値引・割引・返品のうち、割引は営業外取引になるところです。しかし、米国会計では、この割引も売上から控除します。テキストを読んでいて、いきなり引いていたので、なぜなぜーーー?と疑問に思っていたのですが。説明文にそう書かれていました。

仕入れも同じです。

他には、減価償却の定率法。 これは、定額法の償却率を2倍したものを償却率として使うもので、単純ですw計算の仕方は日本のと同じ。
生産高比例法や級数法もありますよ。


計算問題はほぼ完璧になりつつあります。ただ、理論問題が苦手です。ただでさえ苦手な英語。これを理論的に難しい英語で書かれていたら手も足もでません。

BATICは400点中320点で目標達成なので、8割できなければなりません。この理論は捨てる部分です。

あとは難易度的には簿記3級程度なので、間違わずにやれば取れる部分が多いです。
スポンサーサイト



コメント

No title

ファシルさん、こんばんはe-15

す・・・すごいです!やっぱりv-237
BATICの学習方法と戦い方の分析もばっちり
見事に照準を合わせて来られている~!!!
え・・・理論問題もあるんだ・・・。

英文簿記、新たな世界ですね☆
日本の簿記と米国の簿記の違いって、
たとえばそんなところにあるんだー。
と興味深く読ませて頂きました☆
話がずれる上に次元の低い話で申し訳ないのですが、
英米式と大陸式勘定記入のうち、
自分は大陸式にまだ不慣れです(>_<)
でも、理屈立っていて、簿記の原型というか、
ココロをよく表しているのは、
大陸式ですよね。

No title

とんすけさんこんにちは。
英文簿記といっても、僕がやっているレベルは簡単な方です。ただ、英語力がかなり乏しいので、苦戦しているんですw 僕もおそれおおく英語の舞台に立ってしまっているという感じです><

試験を受ける人はだいたい英検3級とか2級とか、そしてTOEICは470点以上は持っているみたいですね・・・(商工会議所の統計より)

でも、簿記も通用するところはたくさんあるので、そこに自信を持って取り組みたいと思います。もしかしたら英語だけ出来る人でも、会計理論は捨てる項目かもしれないし・・・www とか勝手な想像して挑んでいますよ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ファシルのはいてく部品工場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ