fc2ブログ

プロフィール

☆ファシル☆大分県

Author:☆ファシル☆大分県
チャレンジして
失敗を恐れるよりも
何もしないことを恐れよ

人と過去は変えられないけど
自分と未来は変えられる

<税理士試験に合格しました>

[合格済み科目]
H19 財務諸表論=556時間(1回)
H20 簿記論=624時間(2回)
H21 住民税=611時間(1回)
H24 消費税法=1540時間(5回)
H27 所得税法=3210時間(5回)
合計=6541時間

[不合格済み科目]
H19 簿 記 論 A判定=360時間
H20 消費税法 A判定=610時間
H21 消費税法 A判定=900時間
H22 消費税法 A判定=1150時間
H22 所得税法 B判定=870時間
H23 消費税法 A判定=1280時間
H24 所得税法 C判定=1160時間
H25 所得税法 A判定=1790時間
H26 所得税法 A判定=2530時間

<現在追加で学習中>
H28 法人税法=100時間
H28 相続税法=30時間
H28 FP3級=30時間(合格)
H28 FP2級=40時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(学科)=35時間(合格)
H28 1級土木施工管理技士(実地)=50時間(合格)

※時間は合格時点又は不合格時点の累計学習時間

【H22までの学習時間の内訳はこちら】


最近の記事


カテゴリー(分類)


DATE: CATEGORY:仕事
最近の大学生は就職氷河期といえども積極的に動いて、内定を取っている。
しかし、積極的に動くだけではだめで、あるテクニックを使わなければならない。

************************************
面接の場でどう応答するかは、数をこなして実践で吸収していくのが大切。
志望以外の企業の面接も受けること。そして、条件に合わなければばっさりと切り捨てる勇気も必要。企業側に採用したり落としたりする権利があるのと同時に、働く側も採用を受けたり遠慮したりする権利がある。

************************************

基本的に、就職するに当たって、採用試験や面接をかならず受けることになるが、
その前の段階で心に余裕が持てるかどうかが決まってくる。

まず、入社したい会社以外にも応募すること。

本屋に行けば、かならず就職面接の説明書や攻略の本が売られているが、これらを読むよりも
場数を踏むことが大切である。面接は無料なので、どんどん受けるべき。
そして内定をもらっても避けたいと思えばやめればいいし、内定をもらったということ自体が
自信につながる。
パン屋の面接でもいいし、スーパーの面接でもいい。
断ると決めたなら、たとえ、「明日から来て!」←よくあるパターン。といわれても、
断ればいい。

いい経験をさせてもらったということは自分の財産になる。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © ファシルのはいてく部品工場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ